長崎みやげや、街を散策して名所をご紹介いたします。

ステンドグラス

文字サイズ:

木の実ライン

長崎とステンドグラス

日本の歴史上で最初にステンドグラスが登場したのは、1864年に建造された現存する日本最古の木造教会で国宝でもある長崎の大浦天主堂といわれています。

中世紀のヨーロッパ建築を代表するゴシック様式の教会で、穏やかな雰囲気を漂わせて語りかけてくるステンドグラスは、陽の光を通して訪れる人々の心を温かく照らしてくれます。

長崎には、歴史的価値のある教会がたくさんあり、現在それらを世界遺産にという活動がなされています。


木の実ライン



当店のステンドグラス製品は、本場であるフランス・ドイツ・アメリカから輸入したステンドを、長崎の工房で職人の手によってひとつづつ手作りされたものばかりです。


長崎ステンドグラス宝石箱



長崎の教会と夜景、時という彩(いろ)をちりばめたこの街との想い出を、ステンドの見守ってくれているようなゆらめく彩と重ねてみませんか。






















a:8360 t:2 y:8

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional